バツイチ子持ち 婚活

バツイチ子持ち女性におすすめの婚活方法はコレ!

バツイチ子持ち女性と婚活

私は3歳の息子がいるバツイチ子持ちのシングルマザーです。1年前に離婚して今はシングルなので相手をしてくれる男性がいなくて寂しい気持ちでいっぱいです。
息子の将来のことも考えてやはりパパは居たほうがいいよなと思い、再婚も考えて恋愛したいと思っています。
ただ男性との出会いがありません。。私は普通の会社員なのですが仕事と子育てで忙しいし、職場には年配の男性が多くほとんどが既婚者なので出会いがないのです。
バツイチ子持ちで、ただでさえ時間がないのに出会いの機会もないので恋愛したくても恋愛できない状態なのです。辛い。。
私の両親は結婚して30年近くになりますが今でも仲良しです。だから幸せな家庭は憧れます。バツイチ子持ちの私を理解してくれるような良い男性がいれば結婚をして家庭を持ちたいです。
今は時間がないのでネットの婚活サイトで再婚相手を探しています。いづれ、時間のやりくりがうまくできたら結婚相談所の利用や街コン、婚活パーティー、お見合いなどにも挑戦したいと思っています。
婚活サイトではバツイチ子持ちがOKという男性がひと目で分かるので婚活しやすいです。
結婚相談所やお見合いなどでもバツイチの理解者さんだけが集まるイベントもあるようなのでぜひ参加して独身男性との接点を増やしたい考えています。
会社の同僚から聞いた情報ですがほとんどの未婚男性はバツイチ子持ち女性を敬遠するようです。
婚活をしていて確かに敬遠されている気はします。ただ婚活をしている女性のうちほとんどは婚姻歴がない女性ばかりなので、バツイチ子持ちの私は婚活ではとても不利なのです。
男性からしてみたら物珍しいし近寄りがたい存在なのかもしれません。バツイチ子持ちというレッテルで相手にされないのです。
結婚願望があっても子持ちっていうだけで男性にとっては重いのでしょうね。恋愛したい私にしてみたらとても辛いです。。
今は仕事に子育てに経済的にとてもカツカツなので、恋愛して元気を取り戻したいです。親は地方に住んでいるのでデートに行くとなると子供と一緒に出かけることになります。
子供が大きくなったら一緒にデートに行くことはないのかもしれませんが、早く再婚したいので一緒にデートに行かざる負えません。
だからこそバツイチ子持ちであることを理解してくれる男性じゃないと私が恋愛するのは厳しいのです。
いま婚活サイトを始めて1ヶ月経ちました。いいなと思っている男性がふたりいます。どちらもバツイチ子持ちであることを理解してくれて今度子供と一緒に会いたいなと言ってくれています。

とても優しくて誠実な男性です。バツイチ子持ちである私が婚活で成功して再婚すれば、バツイチ子持ちでも再婚できるのだと自信がつくので頑張ろうと思います。

 

バツイチ子持ち女性の彼氏の作り方

バツイチ子持ち女性の彼氏の作り方は結婚相談所やバツイチ限定や高年齢層中心の婚活パーティーなどが主です。
一般的に一度結婚して子供を持ち、離婚してしまうと経済的な理由などから男性側から断られてしまう傾向がありますが相手が同じ立場の確率が高いバツイチ限定、高年齢層中心の婚活パーティーや婚活イベント、婚活サイトなどは見つかりやすい傾向にあります。

 

特に子供がいるという事は結婚相手となる彼氏に経済的な負担が多くかかってしまうので相手も慎重になってしまいます。
バツイチ子持ち女性の彼氏の作り方で一番有効なのは婚活パーティーに参加している人の中でも同じくバツイチで子供が居る人、またはバツイチ子持ち限定婚活パーティーが良いでしょう。
理由は同じバツイチ子持ち同士なのでシングルで子供を持つ大変さをはじめ子供に関する事などを相談しやすく、お互いが同じ立場なので相手の事情が良くわかり協力してくれるからです。

 

親権がこちら側にあり子供の面倒を見ている場合の母親の再婚は子供にとっても重要です。特に子供は新しい父親ができる事による生活環境の変化に敏感です。
子供のケアも必要になってきますので、自分の子供にも優しく接してくれる男性を選びましょう。

 

子供を一番に考えるとやはり恋愛はしにくい

シングルマザーが恋人を作りにく理由は、やはり子どものことを一番に考えるからではないでしょうか。子どもの年齢にもよりますが、子どもが小さければ小さいほど、子どもが頼りにできる大きな存在はお母さんになります。そのため、お母さんも子どもを中心に考えて生活をしています。子どもにさみしい思いをさせないか、付き合う人が子どものことを大切にしてくれるか…など、恋愛に一歩踏み切れないシングルマザーの方も少なくはないのではないでしょうか。また、子どものことを考えるのはお母さんだけではありません。もちろん、お付き合いする相手も子どものことを考えなければならなくなります。彼女を愛するだけでなく、彼女の子どもも一緒に愛していかなければいけません。男性側も女性側も、生半可な気持ちではお付き合いに至らないこともあります。男性側も女性側も自分たちの気持ちだけではなく、子どもの気持ちも考えて幸せになれるか、を考えないといけないので、恋愛のハードルが上がってしまうのです。また、シングルマザーは多忙極まりないです。仕事も家事も育児も、すべて自分ひとりでこなしています。そのため、シングルマザー 出会いが少ないというのはいうまでもないし、男性とデートする時間も取り辛くなってしまいます。しかし、子どものことを考え、慎重になって出会った恋人とは、かけがえのない絆で結ばれるものだと思います。

ホーム RSS購読